紀要論文 最果タヒと「場所」 : 後続詩集から第1詩集「グッドモーニング」を逆照射する : 芸術観光学の理論と実践 9
Saihate Tahi and "place" : Thoughts on the lst collection of her poems "Good morning" through reflection on her works afterwards : Theory and Practice Art Sightseeing Study 9

平居, 謙

(17)  , pp.9 - 17 , 2017-03-31 , 平安女学院大学
ISSN:1346227x
NII書誌ID(NCID):AA11520700
内容記述
 2010年代における若手詩人の筆頭・最果タヒの第1詩集『グッドモーニング』の世界を本稿では分析・考察した。第2詩集『空が分裂する』や、その後の『死んでしまう系のぼくらに』『夜空はいつも最高密度の青空だ』において最果は、「都会」や「故郷」という芸術観光学的観点からみてもきわめて興味深い問題を積極的に追求する。『グッドモーニング』でもすでに「場所」という主題が色濃く表れているが、それは奇妙に鬱積しており、その後の彼女の詩集とは大いに雰囲気を異にしている。この詩集に現れる「場所」で最も多いのは「部屋」であり、それは常に「雨に濡れている」イメージを以て表現される。詩の中の「私」はそこから脱出することができていない。
本文を読む

https://st.agnes.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2304&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報