紀要論文 芸術観光学の理論と実践 8 変容する海外詠 : 梶山千鶴子における「社会性俳句」の問題
Changes of the Topic of Haiku Written Abroad by Chizuko Kajiyama : Theory and Practice Art Sightseeing Study 8
ゲイジュツ カンコウガク ノ リロン ト ジッサイ 8 ヘンヨウ スル カイガイ エイ : カジヤマ チヅコ ニ オケル シャカイセイ ハイク ノ モンダイ

平居, 謙  ,  Ken, HIRAI  ,  平安女学院大学国際観光学部

内容記述
梶山千鶴子第1 句集『國境』には、1)「明るい俳句」2)「社会性俳句」3)「伝統的俳句」という3 つタイプの俳句が収められている。彼女の「社会性俳句」は海外詠に多く現れるが、それに留まらず、国内詠にもその傾向を波及させ、単なる身辺題材の俳句にはない力強さを句集内に導入することに成功している。これらは俳句上の師である多田裕計に由来する初期梶山俳句の重要な要素である。しかし、第二句集以降、海外詠中の「社会性俳句」は徐々に淡いものと変わってゆく。同時に国内詠においても「社会性俳句」の割合は縮小されてゆく。本稿では、師・多田裕計の俳句観を参照しながら第1 句集『國境』の特徴を分析する。さらに海外詠の変容を句集『濤の花』『鬼は外』について考察する。
Many haikus are included in "Kokkyou -the country boundary", the first publication of Kajiyama Chizuko. Those works are classified in following three.1 The works which were drawn with a bright color2 The works which strongly include social messages3 The works with a traditional atmosphereMany works made abroad belong to the social message type (Type No 2). However as for manyworks made in Japan also include strong social messages. The reason why she included social messages in her Haikus is because Tada Yukei, the teacher of her Haiku did it in the same way before.But after the second collection of haiku, the element of the social messages fades in works made abroad. This tendency is similar about the work made in Japan. I analyze the characteristic of "the country boundary" in comparison with a haiku theory of Yukei Tada in this report. In addition I warite transformation of characteristics in works made abroad.
本文を読む

https://st.agnes.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1334&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報