紀要論文 課題遂行を出発点とした学習デザイン-『まるごと 日本のことばと文化』中級(B1)の開発をめぐって-
Designing Textbook Based on Can-Do : Developing “Marugoto : Japanese Language and Culture (Intermediate B1)”

藤長, かおる  ,  磯村, 一弘

14pp.67 - 82 , 2018-03 , 国際交流基金
ISSN:13495658
NII書誌ID(NCID):AA12014755
内容記述
本稿では、JF 日本語教育スタンダード準拠教材『まるごと 日本のことばと文化』の『中級1』、『中級2』の制作過程で取り入れた、課題遂行型の学習デザインについて述べる。具体的には、CEFR におけるB1レベルの特徴を前提としながら、初めに言語行動を、学習者の興味や日本語使用場面を考慮したうえでCan-do として記述し、これを学習の到達目標として設定し、その達成に向けて教室での学習をデザインする、という手法である。この教材開発の手法を通じて、語彙や文型・文法といった言語知識を教材開発の柱にするのではなく、「実際の場面で何ができるようになるのか」というCan-do で示される課題遂行を出発点として、学習をデザインし、教材化することの意義を論じることが、本稿の目的である。
This report introduces a task-based learning design, which is adopted in the development of the coursebooks “Marugoto : Japanese Language and Culture” Intermediate 1 and 2, based on the JF Standard for Japanese-Language Education. The method is as follows : taking the aspects of CEFR B1 level into account, first we described the learner’s language activities as Can-do statements, considering their interests and situations in which they use Japanese. Then we set these Can-dos as a target of learning, and designed classroom learning components aiming towards the achievement of the target outcomes. The purpose of this report is to assert the effectivity of the task-based learning design in developing teaching materials, which start from Can-do statements as “after the class what kind of tasks you can accomplish in real situations”, rather than a knowledge-based design based on grammar and vocabulary.
本文を読む

https://jpf.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=677&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報