紀要論文 日本語教育におけるコースデザイン論の展開とその課題
Development of Course Design Theory in Japanese Education and Its Issues

古川, 嘉子

内容記述
日本語教育におけるコースデザインは、1980年代の英語教育でのコースデザイン論に基づき導入された。その後も日本語教師に広く共有され、教育実践の計画・把握・改善のための枠組みとして共有されていることが、政策文書や関連研究からうかがえる。しかし、日本語教育におけるコースデザイン論は、目標設定プロセスのモデルが提示されておらず、社会的な活動や人間教育などを踏まえた教育内容の広がりが具体的に示されていないなど、英語教育と比べて概念的な整備が不足している。また、事業として日本語教育を見るためには十分とは言えないなどの課題が見られる。そこで、今後の日本語教育の社会的要請を受けた政策立案や教育実践を計画・実施していく上で、さらに、教師養成課程などの教師教育での現状に適した教育実践を考えていく上で、その枠組みの再検討と関連概念間の関係性の整理を行っていく必要があると考える。
Course design theory in Japanese language education was introduced based on that in the English education in the 1980’s. According to policy documents and related researches since then, it has been widely shared by Japanese teachers, and has been shared as a framework for planning, grasping and improving educational practices even now. However, there are some problems in the course design theory in Japanese language education comparing with English education, such that a clear process model of the setting objectives has not presented yet, and that the scope of the educational content has not sufficiently based on views of social activities and education with a view to human development. For considering realizing the sound policy planning or educational practice that corresponding social demands of Japanese language education and conducting appropriate teacher education such as teacher training courses, there is a need to review the framework of the concept of course design and examining the relationship between related concepts to course design.
本文を読む

https://jpf.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=671&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報