紀要論文 ノンネイティブ日本語教師のビリーフと学習経験-2004・2005年度と2014・2015年度の量的調査結果の比較-
Beliefs and Learning Experience of Non-Native Japanese-Language Teachers − Comparison of Quantitative Investigations in Fiscal Year 2004/2005 and 2014/2015 −

久保田, 美子

内容記述
本研究は、ノンネイティブ日本語教師のビリーフと学習経験について、10年の間をおいて調査した結果を比較検討するものである。久保田(2007)では、2004・2005年度調査の結果、ビリーフには「正確さ志向」「豊かさ志向」の2因子があり、そのあり方に地域差があること、また「正確さ志向」と学習経験因子「文法・暗記・訳読型」との間に緩い相関があることを明らかにした。本研究で2014・2015年度調査を実施した結果、ビリーフに関しては、2004・2005年度と同様に地域差がみられたが、より「豊かさ志向」の傾向が強いことがわかった。学習経験に関しては、2014・2015年度調査のほうが「コミュニカティブな活動型」の学習経験が多い一方で「文法・暗記・訳読型」の学習経験に関しては違いがないことがわかった。また、ビリーフと学習経験の関係性は、学習経験因子「作文・報告・ディベート型」と二つのビリーフの因子の間に緩い相関がみられ、2004・2005年度とは異なる結果となった。
This study reveals the difference in beliefs and learning experience of non-native Japanese teachers over 10 years by comparing the result of quantitative investigations in fiscal year 2004/2005 and 2014/2015. Through factor analyses of the result of investigations in 2004/2005 (Kubota 2007), two factors; “Accuracy orientation” and “Expressiveness orientation” were found. In this study factor scale scores of these two beliefs factors were calculated. Significant differences in comparisons by region, and weak correlation between “accuracy orientation” and “grammar, translation and memorization type” learning experience were found. In the analysis of investigations in 2014/2015, significant differences of belief factor scores were also found in comparisons by region. As for learning experience, factor scale scores of “grammar, translation and memorization type” were almost the same as the result of investigation in 2004/2005, but factor scale scores for “communicative activity type” were higher than the result of the investigation in 2004/2005. The 2014/2015 study found weak correlation between both beliefs and “composition, presentation and debate type”.
本文を読む

https://jpf.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=653&item_no=1&attribute_id=22&file_no=3

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報