学術雑誌論文 障害児保育にかかわる保護者と保育者の誤解―「気になる子ども」から障害を診断された子どもまで―

張 , 貞京

55pp.71 - 81 , 2017-03-01 , 京都文教短期大学
ISSN:0389-5467
内容記述
本研究では、気になる子どもや障害を診断された子どもにかかわる誤解事例を調査し、発生の要因を明らかにする。誤解されたタイミングによって、子どもの課題を共有しようと試みた時期、専門的な手立てを得ようとする時期、障害を診断され専門的な手立てを講じていく中の三つの時期に分けられた。障害診断の有無に関わらず、保護者が保育者と同じような視点で子どもの姿を捉えることは難しいのだと意識しつつ、信頼関係を築き、常に情報交換することが求められた。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報