Technical Report レシピテキストの構造解析データを活用した対話的調理支援システムのための料理手順表現形式の提案

是松, 優作  ,  齋藤, 大輔  ,  峯松, 信明

2017-MUS-115 ( 51 )  , pp.1 - 5 , 2017-06-10
ISSN:2188-8752
NCID:AN10438388
Description
人は不慣れな料理を調理するときレシピを参照することで必要な情報を得る.しかし,レシピは主にテキストで記述されており,レシピを参照しながらの調理は不便である.また,レシピは一般的に単一料理の調理手順を示しており,同時に複数の料理を作るという状況では次に行うべき手順を調理者が選択する必要があり,これも調理者の負担となる.本研究では,これらの問題を解決するために調理者に適切なタイミングで次に行うべき手順を教示する調理支援システムの構築を目的とする.複数料理の同時調理にも対応可能な料理手順の表現形式として,レシピフローグラフから得られる調理手順群を検討し,レシピ合成や枝分かれの処理等について自然な結果が得られることを確認した.また,調理の並列処理の導入のために必要な表現拡張について検討を行った.
Full-Text

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=182253&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

Other information