Technical Report 倍音復元技術に基づくバイアス付き事前SNR推定を導入したミュージカルノイズフリーMMSE-STSA法の音質改善に関する研究
Improvement of Sound Quality of Musical-Noise-Free Noise Reduction Technique for Biased MMSE Short-Time Spectral Amplitude Estimator Based on Harmonic Regeneration

宇根, 昌和  ,  宮崎, 亮一

2017-MUS-115 ( 47 )  , pp.1 - 6 , 2017-06-10
ISSN:2188-8752
NCID:AN10438388
Description
近年,音声による情報伝達が多く利用されている.しかし,周囲の雑音によって音声の品質が劣化してしまうため,目的音声を高精度で抽出する雑音抑圧技術が必要となる.一方で,過剰な雑音抑圧は目的音声の歪みを生じさせ,かえって聞こえづらい音声となる.また,非線形雑音抑圧によって 「ミュージカルノイズ」 という非常に耳障りな歪みが生じる問題もある.音声成分の歪みを改善する方法として Harmonic Regeneration Noise Reduction (HRNR) が提案されている.HRNR は Minimum Mean - Square Error Short - Time Spectral Amplitude (MMSE - STSA) 法など,一般的な雑音抑圧手法に適用できるとされている.一方で,Nakai らはミュージカルノイズを発生させずに雑音抑圧を行う,MMSE - STSA 法に基づくミュージカルノイズフリー雑音抑圧手法を提案している.この手法は,MMSE - STSA 推定法にバイアス付き事前 SNR 推定を導入し,バイアス値を調整することでミュージカルノイズを発生させずに雑音抑圧を行う方法である.本研究では,バイアス付き事前 SNR 推定を導入した MMSE - STSA 法に HRNR を応用することによって,ミュージカルノイズを発生させず,かつ音声歪み量の少ない雑音抑圧手法を提案する.
Full-Text

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=182249&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

Other information