Journal Article IoT環境における処理削減によるストリーミング処理時間短縮手法
A Stream Processing Time Reduction Scheme by Process Reduction for IoT Environments

義久, 智樹  ,  原, 隆浩

58 ( 4 )  , pp.898 - 907 , 2017-04-15
ISSN:1882-7764
NCID:AN00116647
Description
センサなどのモノがインターネットに接続される流行は,IoT(Internet of Things)と呼ばれ,近年非常に注目されている.これらのモノから継続的に発生するデータを入力として,あらかじめ登録された問合せ(連続問合せ)を実行するストリーミング処理技術が研究されている.これらの研究では,データが入力されてから連続問合せの結果を得るまでのストリーミング処理にかかる時間を短縮している.近年のIoT環境の普及により,高頻度なデータの発生源が分散してインターネットに接続されており,さらなるストリーミング処理時間の短縮が求められている.そこで本研究では,IoT環境におけるストリーミング処理時間短縮手法を提案する.提案手法では,センサが接続された処理サーバが分散していると想定したうえで,各連続問合せを個別に処理できるいくつかの部分条件に分割してストリーミング処理を行う.評価の結果,提案手法は従来手法よりも最大通信ホップ数と平均通信量を削減でき,ストリーミング処理時間を短縮できることを確認した.
Recently, IoT (Internet of Things) environments, in which various things including sensors connect to the Internet, have attracted great attention. To execute registered continuous queries for the data continuously generated from these things, various stream processing technologies have been studied. One of the main research issues for stream processing is how to reduce stream processing time, i.e., the elapsed time from getting data to getting query results. In IoT environments, many high frequency data sources distribute in Internet and further stream processing time reduction is required. Hence, we propose a stream processing time reduction scheme for IoT environments in this paper. Our proposed scheme focuses on distributed data sources with processing servers and extracts continuous queries to some conditional expressions. Processing servers can process each conditional expression individually. Our evaluation results show that our proposed scheme can reduce maximum communication hops and average communication traffic in IoT environments.
Full-Text

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178668&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

Number of accesses :  

Other information