Journal Article 多層システムに対する横断的な機能捜索
Cross-layer Feature Location

風戸, 広史  ,  林, 晋平  ,  大島, 剛志  ,  小林, 隆志  ,  夏川, 勝行  ,  星野, 隆  ,  佐伯, 元司

58 ( 4 )  , pp.885 - 897 , 2017-04-15
ISSN:1882-7764
NCID:AN00116647
Description
複数のレイヤで構成されたソフトウェアでは,レイヤ間に分散したプログラム要素が協調動作して1つの機能を実現するために,機能とプログラム要素群を対応付ける作業である機能捜索が難しい.そこで,本論文では機能とレイヤ間に分散したプログラム要素群の対応関係を半自動的に抽出する機能捜索手法を提案する.提案手法ではレイヤごとの実行プロファイルを併合して形式概念分析への入力として用いることにより,異なるレイヤに属するプログラム要素を形式概念としてグループ化し,機能の集合と対応付ける.たとえば,提案手法をWebアプリケーションに対して適用することにより,アプリケーション層に属するモジュールだけでなく,プレゼンテーション層やデータ層に属するWebページやデータベースのテーブルアクセスといった要素を同時に機能に紐付けられる.Webアプリケーションの例題に提案手法を適用し,3つのレイヤに分散したプログラム要素と機能の対応関係を抽出した事例を示すことにより,手法の実現可能性を示すとともに,現実的なプログラム理解の支援に向けた応用可能性について議論する.
In multi-layer systems such as web applications, locating features is a challenging problem because each feature is often realized through a collaboration of program elements belonging to different layers. This paper proposes a semi-automatic technique to extract correspondence between features and program elements among layers, by merging execution traces of every layer to feed into formal concept analysis. By applying this technique to a web application, not only modules in the application layer but also web pages in the presentation layer and table accesses in the data layer can be associated with features at once. To show the feasibility of our technique, we applied it to a web application which conforms to the typical three-layer architecture of Java EE and discuss its applicability to other layer systems in the real world.
Full-Text

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178664&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

Number of accesses :  

Other information