学術雑誌論文 編集スクリプトへのコピーアンドペースト操作の導入によるコード差分の理解向上の試み
Improving Understandability of Source Code Change via Introducing Copy-and-Paste Operation into Edit Script

肥後, 芳樹  ,  大谷, 明央  ,  楠本, 真二

58 ( 4 )  , pp.833 - 844 , 2017-04-15
ISSN:1882-7764
NII書誌ID(NCID):AN00116647
内容記述
ソフトウェアの変更内容を理解することはコードレビュー等において重要であり,これまでに数多くの変更内容の理解支援を行う手法が提案されている.そのなかでも抽象構文木を用いた手法はプログラムの構造を考慮して変更内容を表現するため,Unixのdiffのような行単位の表現に比べて人間が理解しやすいとされている.本研究では,既存の抽象構文木を用いた手法を改良することにより,より理解しやすく変更を表現する手法を提案する.提案手法では,ソースコードの実装において開発者がしばしば行うコピーアンドペーストの操作を取り入れて,変更を表現する.提案手法を実装して,複数のオープンソースソフトウェアに対して適用し,その有効性が確認できた.
Understanding source code changes is important in some activities such as code review. A variety of methodologies and tools have been proposed to support understanding changes. In such methodologies, Abstract Syntax Tree based (in short, AST) ones are considered more helpful for understanding than text based ones such as UNIX diff. In this paper, the authors propose a new AST-based methodology, which is an enhanced version of existing methodology. More concretely, the authors introduce a notion of copy-and-paste operations to express differences between two versions of source code. The authors implement a prototype based on the proposed methodology and apply it to 14 open source systems. As a result, the authors confirm that the proposed methodology generates shorter (more understandable) difference expressions than an existing methodology.
本文を読む

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178659&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報