学術雑誌論文 クラス責務割当てのファジィ制約充足問題としての定式化
Formalizing Class Responsibility Assignment as Fuzzy Constraint Satisfaction Problem

林, 晋平  ,  柳田, 拓人  ,  佐伯, 元司  ,  三村, 秀典

58 ( 4 )  , pp.795 - 806 , 2017-04-15
ISSN:1882-7764
NII書誌ID(NCID):AN00116647
内容記述
本論文ではクラスへの責務割当てをファジィ制約充足問題として定式化することにより自動化を図る手法を提案する.責務とは各クラスのインスタンスが果たすべき役割を指し,それらをクラスへ適切に割り当てることによって,高品質な設計が実現される.割当てに際しては,疎結合かつ高凝集な割当てが望ましいなど,様々な観点を考慮することが必要となる.しかし,そのような観点の間にはトレード・オフがあるため,現実的には条件を適度に満たす割当てが求められ,計算機による支援が重要である.そこで,様々な条件をファジィ制約として表現し,責務割当てをファジィ制約充足問題として定式化する.これによって,既存の汎用的なアルゴリズムを適用できるようになり,解としての責務割当ての導出が可能となる.例題に対して解を導出した結果を示す.
The authors formulate the class responsibility assignment (CRA) problem as the fuzzy constraint satisfaction problem (FCSP) to automate CRA, and show the results of automatic assignments of examples. Responsibilities are contracts or obligations of objects that they should assume; by aligning them to classes appropriately, designs of high quality realize. Typical aspects of a desirable design are having a low coupling between highly cohesive classes. However, because of a trade-off among such aspects, solutions that satisfy the conditions moderately are desired, and computer assistance is needed. The authors represent the conditions of such aspects as fuzzy constraints, and formulate CRA as FCSP. That enables us to apply common algorithms that solve FCSP to the problem, and to derive solutions representing a CRA.
本文を読む

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178656&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報