学術雑誌論文 自動車ソフトウェア要求仕様書の第三者インスペクション方法の提案と適用評価
A Third-party Inspection Method for Software Requirements Specifications and Its Evaluation with Multi-domain Automotive Products

蛸島, 昭之  ,  青山, 幹雄

58 ( 4 )  , pp.780 - 794 , 2017-04-15
ISSN:1882-7764
NII書誌ID(NCID):AN00116647
内容記述
自動車ソフトウェアの規模と複雑度の増加,ならびに安全性や信頼性への高い要求にともない,ソフトウェア要求仕様書(SRS)の重要度が増している.しかし,自動車ソフトウェアのSRSは多様性が高いため,体系的なインスペクションの適用が困難である.その結果,インスペクションの効果がインスペクタの経験とドメイン知識に依存している.本稿では,ドメイン知識を必要としない第三者インスペクション方法を提案する.提案方法では基準となる参照SRSと自動車ソフトウェア向けの品質特性を定義し,第三者インスペクションによってSRSのドキュメント品質を定量的に測定し評価する方法を提案する.提案方法を4つの製品カテゴリから収集した実際のSRSに対して適用し,品質スコアによるSRS品質の定量的評価の有効性を示した.また,自動車ソフトウェアのSRSの記述における多様なバリエーション要求と抽象度の混在の問題を明らかにした.
Automotive software is facing the increase of size and complexity, and strenuous demands for safety and reliability. Software requirements specification (SRS) is consequently gaining importance in automotive software development. However, the diversity in automotive SRSs is becoming an obstacle to apply systematic inspection methods. The performance of an inspection, as a result, largely depends upon the inspector's experience and domain knowledge. This paper proposes a third-party inspection method. We define a reference SRS and quality characteristics for automotive software in order to propose a third-party inspection method that can quantitatively measure the document quality of SRSs. We applied the proposed method to actual SRSs collected from four product domains, and demonstrated its effectiveness. Furthermore, we identified diverse variability and confusion of the abstraction levels of requirements in the SRSs from the inspection.
本文を読む

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178655&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報