Journal Article レビュア間の合意形成と不具合再修正に関する一考察―OpenStackプロジェクトを対象としたケーススタディ
Toward Identifying a Re-opened Bug Based on Reviewers Disagreement―Case Study of OpenStack Project

林, 宏徳  ,  伊原, 彰紀  ,  松本, 健一

58 ( 3 )  , pp.721 - 725 , 2017-03-15
ISSN:1882-7764
NCID:AN00116647
Description
本論文では,オープンソースソフトウェア(OSS)開発における不具合修正プロセス中の検証フェーズに着目し,開発者(レビュア)間の合意形成と不具合再修正の関係についてOpenStackプロジェクトを事例に分析を行った.分析の結果,プログラム変更内容に対してレビュアの合意が得られない(賛成,および,反対するレビュアがともにいる)にもかかわらずプロダクトに統合された場合,再修正が必要となる可能性が高いことが確認された.
This paper conducted an empirical study to identify a re-opened bug based on reviewers disagreement. Using OpenStack project dataset as case study, we found patches that reviewers did not reach consensus are likely to fix again after integrating them.
Full-Text

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178580&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

Number of accesses :  

Other information