学術雑誌論文 タッチスクリーンのホバー検知機能を用いた入力予測に基づく操作応答時間低減方式
A Response Time Reduction Method Based on Input Prediction by Using Hover Detection of Touch Screen

大西, 健夫  ,  城島, 貴弘

58 ( 3 )  , pp.708 - 720 , 2017-03-15
ISSN:1882-7764
NII書誌ID(NCID):AN00116647
内容記述
近年,近接状態にある指示物体(指やスタイラスペンなど)の位置を特定できるタッチスクリーンが普及しはじめている.このようなホバー検知機能を用いて,指示物体がタッチスクリーンに接触する前に,今後発生する入力操作を予測する方式が提案されている.予測した入力操作に対応した処理をあらかじめ実行しておくことで,入力操作に対するレスポンスを向上させることが可能となる.従来手法では,指示物体がタッチスクリーンに接触する位置のみを予測しているが,入力操作にはタップやスワイプ操作などの複数の操作種別が存在するため,入力操作を特定するには不十分であった.また,指定された手順で入力操作を行うという限定された条件下のみで評価を行っていた.本稿では,接触位置の予測に加え,新たに操作種別を予測する方式を提案する.提案方式では,接触位置と操作種別の間に相関があることに着目し,予測した接触位置を用いることで操作種別の予測を可能とする.同時に,スマートフォンを通常利用した際のタップ操作とスワイプ操作において評価を行い,高い精度で入力操作を予測可能であることを示す.
In recent years, a touch screen which can detect the position of a finger above the screen has begun to spread. The function is called as hover detection. Methods to predict input operations with hover detection have been proposed. These methods enable us to improve the latency by prefetching data based on the prediction. The previous works proposed methods to predict only touch positions. These methods cannot fully identify the input operation because the methods cannot predict the type of the operation such as tap or swipe. Furthermore, the methods were evaluated in special conditions; input operations were done by a defined procedure. In this paper, we propose a method to predict the type of the input operation. We focus on the correlation between the touch positions and the types of operations to predict the types of operation. In our method, the predicted touch position instead of the actual touch position is used to predict the operational type. The evaluation with data collected in everyday use shows that our methods can predict the input operation with a high precision.
本文を読む

https://ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=178579&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報