紀要論文 アンドレ・ブルトンにおけるシュルレアリスムと現実

加藤, 彰彦

(65)  , pp.151 - 182 , 2018-03-01 , 四天王寺大学
ISSN:1883-3497
内容記述
アンドレ・ブルトンの言う超現実は夢と現実の弁証法的な融合であるとされ、夢については『シュルレアリスム宣言』や『通底器』において考察されているのであるが、現実においてはそのような考察はなく、その点に注目し、現実についての考察を試みたのが本論考である。現実を対象として捉えた場合、様々な問題点が存在し、サルトルの言う対他存在、誰が現実を捉えるのかという視線の問題、現実を再構成する記憶の問題ということから、客観的現実は存在しないと第一部で結論付けた。その上で現実を捉える主体の問題、「私」を成立させるためのヘーゲルの言う承認の問題から、ラカンを援用しながら、「私」の語る現実とは物語であると、第二部において論証した。以上のことから、物語という観点から夢と現実を捉え、超現実へと繫げていく可能性を示唆した。
本文を読む

https://shitennojiuniversity.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=183&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報