紀要論文 聴覚障害ソーシャルワークにおける文化モデルアプローチの概念研究―聴覚障害ソーシャルワーカーへのインタビュー調査分析をもとに―

原, 順子

(65)  , pp.7 - 19 , 2018-03-01 , 四天王寺大学
ISSN:1883-3497
内容記述
 聴覚障害者への相談援助において、クライエントである聴覚障害者のろう文化をポジティブに捉える文化モデルアプローチの有効性および概念を明らかにするために、実際に聴覚障害者への相談援助を行っているソーシャルワーカーを対象にインタビュー調査を実施した。海外の先行研究には文化モデルアプローチと同様な観点での研究はあるものの、実証的な研究は数少ない。インタビュー調査では、①ろう文化とは何か ②聴覚障害ソーシャルワーカーのろう文化認識について ③聴覚障害者の特性とは何か ④「聴覚障害者の特性」と「ろう文化視点」は一致するものかを調査目的とした。14 人の研究協力者を対象にインタビュー調査を行った結果、「ろう文化」視点はソーシャルワーカーにとって聴覚障害者をポジティブに捉える重要なものであり、「聴覚障害者の特性」は聴者の価値観によるネガティブな捉え方であることが明らかとなった。
本文を読む

https://shitennojiuniversity.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=173&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報