紀要論文 主体的に学ぶ介護福祉士の職業的アイデンティティ形成過程に関する研究

渡邉, 泰夫  ,  笠原, 幸子

(12)  , pp.151 - 163 , 2018-03-20 , 四天王寺大学大学院
内容記述
〔目的〕主体的に学ぶ介護福祉士の職業的アイデンティティの形成過程を明らかにすることを目的とする。〔方法〕主体的に学ぶ介護福祉士6 人の協力を得てLife-line Interview Method に基づく半構造化面接を行い、M-GTA を用いて分析した。〔結果〕主体的に学ぶ介護福祉士の職業的アイデンティティ形成過程は、《省察の深化に伴う葛藤》《“如何に自分で勉強するか”》《介護福祉研究を介した“やればできる感覚”の高まり》《職業的アイデンティティの探求》《社会福祉実践者という職業的アイデンティティへの帰結》という5 カテゴリーから構成された。〔結論〕専門職制度を超越した職業的アイデンティティの形成には隣接領域の資格取得に関連した学びが重要でありながらも、単なる資格取得ではなく“ふりかえり”が契機となっていることが示唆された
本文を読む

https://shitennojiuniversity.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=171&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報