Departmental Bulletin Paper 看護婦からみたハンセン病(らい)療養所の生活実態

和田, 謙一郎

(12)  , pp.67 - 92 , 2018-03-20 , 四天王寺大学大学院
ISSN:1883-6364
Description
敗戦を経験した年齢層のらい(ハンセン病)療養所入所者、及び療養所医療関係者は、らいの「不治の時代」と「治療可能になった時代」をまたぎ、また、戦争を経験した者が敗戦を迎え、GHQ 主導の下での新しい医療施策を経験する。これらを念頭に置き、当時からの療養所入所者の生活実態や、そこに従事した看護婦らの実態を眺め、敗戦後も、そして「治療可能な時代」になっても、なぜ長年、らい(ハンセン病)療養所が特異な療養所として存在し続け、あるいは、そこでの患者らの生活が継続し続けたのか、その検討を進める。
Full-Text

https://shitennojiuniversity.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=167&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information