Departmental Bulletin Paper 中国の監査役会制度と従業員代表監査役の機能

霍, 麗艶

(64)  , pp.155 - 166 , 2017-09-25 , 四天王寺大学
Description
中国では、会社の監督システムに対して国有株支配が与える弊害から、近年会社法の整備に伴って監査役制度が強化されてきている。一方、ドイツの労使共同決定に類似した監査役会における従業員監査役制度も採用しているが、現状としては監査役会が形骸化し、その改革が迫られている。監査役会による監査が実効的に行われるためには、独立性が重要である一方、監査役の常勤・非常勤に関する規定を明確化し、社内監査役の兼任を見直す必要がある。また、独立性を有する機関構成員と内部の機関構成員及び外部監査部門との適切な連携を図り、十分な情報を適時、適切に得られるようにしていく制度を展開していくことが不可欠である。従業員監査制度の機能が確実に発揮するためには、従業員監査役の社内における地位を確保することや、監査経験、専門的知識を身につけ、監査業務を履行する能力を高めることなど、その職責が有効に遂行される環境の整備と制度上の担保が必要である。本稿では、中国における株式会社の監査役制度の現状と問題点を検討し、中国の株式会社に相応しい監査役制度のあり方を探る。
Full-Text

https://shitennojiuniversity.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=143&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information