紀要論文 双生児における「移行対象」の特徴について

布施, 晴美

内容記述
本研究は,双生児の「移行対象」出現の特徴について,単胎児と比較して明らかにすることを目的に,質問紙調査を実施した。質問紙は,1~7歳の双生児の母親76名を対象に郵送し,44名の回答を得た(回収率57.9%)。双生児の「移行対象」の出現率は53.4%となり,日本における単胎児の出現率31.7%よりも割合が多かった。1対1で母親が育児の対応をすることが難しい双生児の分離不安等を,双生児が「移行対象」によって軽減させる手段としていることが示された。「移行対象」出現に卵性による差は認められず,性差については有意に女児の方が出現の割合が高く,これは単胎児と同じ結果となった。移行対象物の種類,一次的移行対象と二次移行対象の出現状況等についても,単胎児も双生児も同じ特徴を有していた。「移行対象」をめぐる双生児の関係性においては,互いの「移行対象」の大切さを認識している双生児が多かった。「移行対象」についてはどの母親も肯定的に受け入れており,「移行対象」の存在は,母親の育児を支える役割を果たしていた。
本文を読む

https://jumonji-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報