Departmental Bulletin Paper 企業の参入,退出と生産性 - ITバブル期の情報サービス産業に関する実証分析 -
Entry, Exit and Productivity in Japanese Information Service Industry - An Empirical Analysis Based on Firm-Level Data -

黒川, 太

(57)  , pp.1 - 22 , 2017-12-26 , 千葉経済大学
ISSN:2187-6320
NCID:AA12625180
Description
本論文では,情報サービス産業の個票データを用いて企業レベルのTFPレベルを測定し,参入企業,退出企業,存続企業のTFPレベルの比較を行うことで産業の新陳代謝メカニズムが機能しているのかについて分析した.2標本Kolmogorov-Smirnov検定とベイズ統計的アプローチを用い各グループのTFPレベルの分布を比較した結果,ITバブルの時期には一時的に各グループ間のTFP分布の関係が変化していたことが確認された.とくにITバブル期においては,生産性の高い企業が産業から退出するという新陳代謝メカニズムの機能不全が確認された.
Full-Text

https://lib.cku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1363&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information