紀要論文 養護教諭養成課程における臨床判断能力を向上させるためのシミュレーション教育の検討/高機能患者シミュレーターを用いた一次救命処置のプログラムに関して

小川, 真由子  ,  福田, 博美  ,  佐藤, 伸子  ,  藤井, 紀子  ,  三尾, 弘子  ,  水野, 昌子  ,  植田, ひろみ  ,  林, さえ子  ,  永石, 喜代子  ,  葛西, 敦子  ,  山田, 玲子

内容記述
養護教諭の重要な役割の一つに救急処置があげられる。学校で行われる救急処置には臨床判断が必要であり、その能力向上にはシミュレーション教育が重要であると考える。そこで、養護教諭養成課程における学生を対象として、高機能患者シミュレーターを用いた一次救命処置における臨床判断のシミュレーション教育プログラムを作成した。このプログラムを受講した学生の一次救命処置の修得状況および、臨床判断の特徴について検討したところ、次のことが明らかとなった。タスクトレーニング型のシミュレーション教育では、「気づき」に関する教育効果は認められた。しかし、そこから得られた情報を「解釈」し、「反応」、「省察」につながる臨床判断能力の向上のためには、高機能患者シミュレーターを用いることによって望ましい教育効果が期待できることが分かった。
本文を読む

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2719&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報