紀要論文 「知る」と「知道」についての対照研究

周, 国龍

内容記述
日本語の動詞の否定過去形は「~なかった」で、中国語の否定過去形は「没~」にあたると一般的に認識される。しかし、「知らなかった」は「没知道」にしたら、間違いになる。必ず「不知道」で対応しなければならない。このずれから誤用が生じている。双方とも瞬間動詞の性格と状態動詞的な性格を有する。本稿はその両面から分析した。その結果、瞬間動詞の性格を有する部分に双方が対応する文法形式が存在するが、状態動詞的な性格を有する部分にずれがあり、そこから誤用が生じていることを突き止め、その原因を明らかにした。
本文を読む

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2714&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報