Departmental Bulletin Paper 多文化共生における学生の気づき―幼児期の体験から見えるもの―

江藤, 明美

Description
従来、わが国には様々な文化的背景を異にする人々が居住していたが、お互いの文化や価値観を尊重しながら調節しあうことよりも、彼らが日本の主流文化に同化することが当たり前だと考えてきた歴史がある。保育所や幼稚園といった就学前の保育施設においても、多くの保育者たちが、文化的背景を異にする子どもやその親たちに、早く日本語を覚え、「日本人のように」過ごすのが子ども達のためだと信じてきた。その時代に多文化共生保育・教育を経験した学生たちが、次世代をになう子どもたちをどのように育んでいくのかを、学生自身の生き方に意味づけをしながら問うていきたい。多国籍の学生が多く在籍する当大学での出会いをチャンスととらえ、多国籍の人々の経験の意味をヒントに、他者との価値観の違いに気づくことが、自分自身の価値観や固定観念を見つめ直す機会となる。お互いの間にある違いとともに生活し、違いから学び、違いをたたえることの大切さ1)に気づきながら、「多文化共生社会のあり方」を省察する。
Full-Text

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2707&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information