Departmental Bulletin Paper 鈴鹿市における産学官協同によるランニングバイク事業

石川, 拓次  ,  榊原, 尉津子  ,  杉山, 佳菜子  ,  田中, 利佳

Description
鈴鹿大学短期大学部(以下、本学)においては、2017(平成28)年度に子育てイノベーションセンターを設立し、様々なイベントや事業を行っている。その中の一つに産学官の協同によりモータースポーツ都市である鈴鹿市において幼児期の最初の乗り物であるランニングバイクを活用した事業がある。ランニングバイクは2歳児より自身で操縦しながら動かせる二輪の乗り物であり、全国規模の大会も行なわれており、人気が高い。現在、我が国における子育てや子どもの発育発達に関する課題が数多くある中、ランニングバイクを通して、産学官が協同し、事業を行い、その中から調査研究を行うことによって、その課題の解決に向けた方策について考えることは意義のあることと考えられる。そこで、産学官協同によるランニングバイク事業を立ち上げ、幼稚園および保育所でのランニングバイク体験会等を行った。その成果および今後の事業展開について考察を行った。 
Full-Text

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2706&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information