紀要論文 スポーツイベントのリスクマネジメント / ISO31000を指針として
Managing Risk for Sports Events: A guideline for ISO31000

田中, 利佳

23pp.45 - 55 , 2017-03-10
ISSN:21896984
NII書誌ID(NCID):AA12746618
内容記述
ISO(世界標準化機構)は、リスクマネジメントに関する国際標準規格ISO31000を2009年11月15日に公表した。このリスクマネジメント規格の特徴は、組織経営のための取り組みプロセスを明確にし、様々な組織全体のリスクマネジメントを推進していくための有用な指針となることを目的としたことにある。現在、日本においてスポーツイベントはビジネス化が進んでおり、規模も拡大している。そのため、スポーツイベントのもたらす影響が、スポーツ競技団体の関係者だけでなく、経済効果など社会全般に及ぶこともある。したがって、リスクへの対応も重要な課題となる。そこで、スポーツイベントのリスクマネジメントにおけるプロセスは、ISO31000の示す組織経営のための取り組みプロセスが有効に機能するかを検証することとした。その結果、スポーツイベント組織のリスクマネジメントには、SO31000の組織経営のための取り組みプロセスが有効であることがわかった。しかしながら、リスクマネジメントを行う上で最も重要なことは、組織づくりと組織の力量を見極めることであり、組織が対応できるリスクの特定、対応できるリスクの分析を行い、そのうえでリスクマネジメントの計画を推進すべきである。より安全にスポーツイベントを運営できる組織づくりは、ステークホルダーとの信頼関係の構築、リスクの特定、リスクの分析、リスクの評価、リスクの対応など、段階的にリスクマネジメントを行う必要があり、それぞれについて段階的に研究する必要性を感じ、今後の課題とした。
本文を読む

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2484&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報