Departmental Bulletin Paper 被災地に住む人々のリスクの認識と彼らにとっての危険 / 2004年インド洋津波地アチェのグランド・ゼロの賑わい
Peril and Risk in a Tsunami affected Village in Aceh, Ground Zero of the 2004 Indian Ocean Tsunami

齋藤, 千恵

Description
本論は、2004年インド洋津波で壊滅したバンダ・アチェ市(インドネシア)の海辺の村が再び活気を取り戻したことについて、リスクの認識という視点から議論するものである。村民は、村の脆弱性を認識しているが、津波を差し迫った危険とは認識していない。津波は彼らにとってはリスクであるが、その認識は、彼らが村に住まねばならない理由の前では、抑圧されているのである。
Full-Text

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2482&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information