Departmental Bulletin Paper 協同的な学びにおける「最近接発達領域」
Zone of proximal development in cooperative learning
キョウドウ テキ ナ マナビ ニ オケル 「 サイキンセツ ハッタツ リョウイキ 」

長澤, 貴  ,  Takashi, Nagasawa  ,  鈴鹿大学短期大学部  ,  Suzuka Junior College

Description
ヴィゴツキーの中心的な概念である「最近接発達領域」は、その解釈を巡って様々な議論を生じさせてきた。この概念は、発達における協同性とそこでの学びと発達との関係を意味する概念であるが、その具体的な内実に関しては明らかになっていない。本稿では、小学校5年生の算数科の授業における協同的な学びの場面に焦点をあて、「最近接発達領域」を協同的な学びとの関係で考えていく。
It is a central concept of Vygotsky "zone of proximal development ", has caused a variety of discussion over the interpretation. This concept reoresents the relationship between development and learning at the bottom and cooperativity in the development; the details remain insufficiently clarified. In this paper, we focus on cooperative learning scene in the class of elementary school fifth grade mathematics, and we consider the relationship with the cooperative learning the "zone of proximal development ".
Full-Text

https://suzuka.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1909&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

Number of accesses :  

Other information