紀要論文 国際言語学科の新カリキュラムの理論的背景および実験的導入の検証
The Theoretical Backgrounds of the New Curriculum at the Department of International Language Studies and an Examination of Pilot Case Studies

佐野, 愛子

(17)  , pp.89 - 99 , 2016-03 , 北海道文教大学
ISSN:1345-4242
NII書誌ID(NCID):AA11469578
内容記述
本学国際言語学科においてはそのカリキュラム内容が学生のニーズに応えられていないのではないかという指摘を受け,2014 年10 月,「国際言語学科あり方検討委員会」が設置された.この委員会では様々な議論を経て,加速的に国際化する社会に対応することのできる人材を育成することをその基本方針とすることが決定され,それを受けてカリキュラム内容の精選が具体化し,2015 年10月の教授会で新カリキュラムが承認されるに至った.本稿では2016 年度の本格実施を前に,新カリキュラムを支える基本理念の理論的背景をまとめると同時に,今年度行った準備及び実験的導入の成果をまとめ,今後の課題を整理する.
本文を読む

https://do-bunkyodai.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=698&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報