学術雑誌論文 中学校家庭科における消費者の自立をめざした「消費者の権利と責任」に関する授業実践
Teaching Practice of "Consumers' Rights and Responsibilities" in Home Economics Classes Aiming for Consumers' Independence in Junior High Schools

菱村, 佳子

12 ( 1 )  , pp.77 - 81 , 2017-03-31 , 藤女子大学QOL研究所
ISSN:1881-6274
NII書誌ID(NCID):AA12218176
内容記述
中学校家庭科において、⽛消費者の権利と責任⽜とは何かについて意識づけ、自覚し、消費者としての基本的態度に結び付けることができることを目標とした授業実践報告である。中学生にとって身近な購入対象である商品(こんにゃくゼリー)を教材として選び、その商品を販売する企業と購入する消費者それぞれの立場でイメージさせながら、適切な購買行動につながる情報の読み取り方について考えさせた。まとめでは消費者の権利と責任のうち⽛知らされる権利⽜⽛安全を求める権利⽜⽛選択をする権利⽜⽛批判的意識をもつ責任⽜について確認し、意識づけを行った。授業開始当初は注目されていなかった表示に目を向ける生徒が多くなり、また消費者にとって本当に必要な情報は商品パッケージの裏面に多くの表示がありしかも小さい文字で書かれていることへの気づきがあった。授業後の生徒の記述からは、⽛生活に活かせる知識・技術⽜としての授業効果が確認された。複数の観点評価につながるワークシートの改善を検討していきたい。
本文を読む

https://fujijoshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1599&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報