学術雑誌論文 幼小連携の視点からみた教育に関する一考察 : 言動活動を通して「考えを伝える」力を育む
Partnerships between Kindergarten and Elementary School for Education : Nurturing children's ability of conveying thoughts through the language activities

高橋, 真由美  ,  駒形, 武志  ,  小川, 恭子

12 ( 1 )  , pp.25 - 35 , 2017-03-31 , 藤女子大学QOL研究所
ISSN:1881-6274
NII書誌ID(NCID):AA12218176
内容記述
本研究は、社会人にもとめられるコミュニケーション能力のひとつである「考えを伝える力」に着目し、その力が教育現場の言語活動においてどのように育まれているのかを実践例を用いて示すことを目的として行った。言語活動に実効性を持たせるためには発達段階に応じての展開が不可欠であるとされているが、本稿では、幼小連携の視点から、幼稚園では自分の考えを伝えるための言語活動がどのように行われているのか、小学校では幼稚園で育まれた伝える力をどのような言語活動を通して発展させているのかを実践例を通して検証した。その結果、幼稚園での生活や遊びを通して育まれた伝える力が、小学校以上の教育の基礎になっていることを示した。さらに幼稚園での経験は、小学校以上の教育から本格化する、より抽象的な表現方法である「文字」を用いて考えを伝えることにもつながっていくことを指摘した。
本文を読む

https://fujijoshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1593&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報