Departmental Bulletin Paper 保育所における保護者支援研究の現代的課題
A study of present issues related to parent support in the context of the Japanese nursery schools

高橋, 真由美

Description
保育所における保護者支援は、児童福祉法や2008年改正の現行保育所保育指針に、子どもの保育と同様に保育者の業務として明確に位置づけられている。本稿では、保育所に入所している子どもの保護者に対する支援の歴史的変遷や保護者支援に関する先行研究を概観した上で、保育所における保護者支援の現代的課題について考察した。保育所における保護者支援は、保育所の設立当初から保育士たちによって行われてきたことであるが、時代の変化とともに求められるものが変容し、現代においては多くの保育士が支援にあたり困難感をかかえている。その要因として、子どもや保護者の変化が多くの先行研究で挙げられているが、本稿では保育所における保護者支援にいくつかの二重性が潜んでいることが保護者支援の難しさを生んでいることを示唆している。
This study investigates the present issues related to parent support in the context ofthe Japanese nursery schools by reviewing past studies on parent support, and how thissupport has changed over time. Parent support was introduced by the nursery schoolteachers when nursery schools were first established. However,many current teachersare facing difficulties in providing support to the parents as the expected role of anursery school teacher changes over times. This trend could be due to the changes inchildren and parents, which are frequently reported in past studies. And in this study,the author pointed out some duality as the cause of difficulty in providing parent support.
Full-Text

https://fujijoshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1512&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information