Departmental Bulletin Paper 高齢者の地域生活支援における権利擁護実践 : ソーシャルワークとしての視座
Advocacy Practice in Community-based Elderly Support : From the Viewpoint of Social Work

若狹, 重克  ,  Shigekatsu, WAKASA  ,  藤女子大学人間生活学部人間生活学科  ,  Fuji Women's University, Faculty of Human Life Science, Department of Human Life Studies

11 ( 1 )  , p.79-86 , 2016-03-31
NCID:AA12218176
Description
権利擁護は、「権利侵害から守る」という意味で使われることが多かった。しかし、介護保険制度の実施による福祉サービス利用方式の転換により、自己決定を支援し利用者をエンパワメントする積極的な意味を持つようになった。一方で、自己決定やエンパワメントは、ソーシャルワークにおける原則や理念としても重視されている。本研究は、権利擁護をソーシャルワークとして推進する際の基礎となる立場を示すことを目的とする。社会福祉における権利と権利擁護の意味および地域包括支援センターを対象とした調査結果から、ソーシャルワークとしての権利擁護推進の視座を以下のように考察した。1.高齢者や家族等を対象とする直接的な権利擁護実践(ミクロレベル)2.権利擁護支援が必要な者の早期発見・把握に向けたネットワークやシステム構築などの間接的な権利擁護実践(メゾレベル)3.権利擁護支援への強い関心により権利侵害を予防する・無くす社会を目指すソーシャルアクションによる環境変革(メゾ~マクロレベル)
Full-Text

https://fujijoshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=756&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

Number of accesses :  

Other information