Departmental Bulletin Paper 日本型食生活が若年女性の整腸作用に及ぼす影響
Effects of Japanese dietary patterns on defecation in young Japanese women

三田村, 理恵子  ,  Rieko, MITAMURA  ,  藤女子大学人間生活学部食物栄養学科・藤女子大学大学院人間生活学研究科食物栄養学専攻  ,  Department of Food Science and Human Nutrition, Faculty of Human Life Sciences, and Division of Food Science and Human Nutrition, Graduate School of Human Life Science, Fuji Women's University

11 ( 1 )  , p.71-77 , 2016-03-31
NCID:AA12218176
Description
我が国の食生活は、欧米化に伴い低食物繊維・高脂肪食へ変化しており、特に野菜の摂取量減少による食物繊維量の低下は、排便に影響を与えていると言われている。そこで本研究では、1日の食事のうちの1食を、望ましい栄養バランスである「日本型食生活」に置き換え、排便に及ぼす影響について調査を行った。対象者は、同意の得られた健常な女子大学生19名(21~24歳)とした。試験食の栄養価等は、日本人の食事摂取基準2010年版をもとに設定した。試験食は原則平日の12~13時の間に、昼食として8週間(40食)摂取し、摂取終了後4週間を非介入期として設けた。全期間中、被験者には排便状況(排便日数、排便回数、排便量等)を毎日日誌に記入させた。試験食摂取前(介入前)と試験食摂取期(摂取期)および摂取試験後(非介入期)の終了日に、食物摂取頻度調査法による食事調査を行った。被験者は全員、40食の試験食をすべて摂取した。排便状態の変化を調べた結果、試験食摂取5~8週目にかけての排便日数は、非介入期20日/4週間であったのに対して、摂取期では25日/4週間となり非介入期に比べ有意に増加した(P<0.001)。また試験食摂取により、排便回数はおよそ10回/4週間、排便量ではおよそ14個分/4週間それぞれ増加した(P<0.001)。試験食摂取後に行った便通に関するアンケート調査では、全質問項目において良くなった、やや良くなったと回答した者が50%以上おり、自覚症状でも半数以上の者に変化がみられた。食事調査の結果、非介入期では野菜の摂取量が121g/日であったが、摂取期では225g/日に増加し、同様に食物繊維の摂取量も、非介入期8.4g/日から摂取期12.4g/日と有意に増加した(P<0.001)。以上の結果より、1日1回の食事を「日本型食生活」に置き換えることで、食物繊維の摂取量を増加させることができ、排便に良い影響を及ぼすことが示された。
Objective: The purpose of this study was to investigate effects of Japanese dietary pattern on defecation in young Japanese women. Methods:The subjects were nineteen female university students (21-24 years old), who gave informed consent to their participation in the study. The total study period was twelve weeks including a four-week observation period,and an eight-week intervention (40 lunch meals of Japanese dietary pattern,5 meals per week)period. The subjects recorded daily defecation,food intake,and special circumstances that may have influenced defecation. Food frequency questionnaires were administered during the observation and intervention periods, respectively. Results: The defecation frequency(from 22 to 31)and quantity(from 22 to 36)in the intervention period from five to eight weeks were significantly increased as compared with those in the observation period. In the food frequency questionnaires, intake of grain,vegetables and seaweeds in the intervention period were significantly increased as compared with those in the observation period. These increased intakes could affect defecation. Conclusion: These results indicate that the Japanese dietary pattern has a beneficial effect on defecation in young Japanese women.
Full-Text

https://fujijoshi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=755&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

Number of accesses :  

Other information