学術雑誌論文 総合的な学習の時間の探究課題の設定について ―教科横断的・総合的なカリキュラムの歴史的な考察を通して―

松田, 智子

1 ( 1 )  , pp.15 - 24 , 2018-01 , 奈良学園大学人間教育学部
ISSN:2433-779x
内容記述
要旨(Abstract)新学習指導要領では、総合的な学習の時間の目標と3つの柱が示された。本論では目標達成のための3つの柱「知識・技能の習得」「思考や判断・表現力の能力」「情意や態度」について具体的に論じた。本稿ではさらに理解を深めるために、従来から「総合学習」という名称でと各学校で実践されてきた教科横断的・総合的な多様な学習を、カリキュラム論の視点から歴史的に考察した。そして日本やアメリカでの実践を中心的に取り上げて分類した。特に、総合的な学習の時間の成否にかかわる、探究課題を設定する際の方法的原則に焦点をあてて論じた。好ましい探究課題設定の条件として①学ぶ価値のある探究課題の条件とは何か、②課題決定の過程で合意形成や自己決定場面の事前準備の重要性 ③個人的な探究課題を学ぶ機会も保証する ④課題設定時における教師の指導の重要性の5つを提案した。
本文を読む

https://naragakuen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2864&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報