Journal Article 主体的・対話的で深い学びが期待できる「考える道徳」 -新内容項目「よりよく生きる喜び」の実践-

増井, 眞樹

1 ( 1 )  , pp.1 - 13 , 2018-01 , 奈良学園大学人間教育学部
ISSN:2433-779x
Description
要旨(Abstract)平成29年3月31日に小中学校の新学習指導要領改正の通知が出され、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善の趣旨が示された。平成30年度から教科になる道徳科についても敷衍されている。本稿では、まず、答申はじめ道徳教育・道徳科の目標に基づき、道徳科における「主体的・対話的で深い学び」の意義を考察する。次に、改訂の道徳科の目標には、「よりよく生きるための基盤となる道徳性を養う」と示されており、小学校高学年には「よりよく生きる喜び」という内容項目が新しく加えられたことから、内容項目「よりよく生きる喜び」に注目し、その道徳的価値を児童の言葉で表現してみる。最後に、教材「青の洞門」を通して「主体的・対話的で深い学び」が期待できる「考える道徳」の実践を提案する。
Full-Text

https://naragakuen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2863&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information