Research Paper 小学校・中学校の学習指導要領における固体地球分野の系統性に関する分析

山根, 悠介

2017-12
Description
本稿は,教員養成課程における固体地球分野の学習において,教師を目指す学生が学習指導要領に示された内容を小学校・中学校を見通して系統的に理解できるよう講義や演習を展開するための基礎的な知見を得るべく,現行の小学校及び中学校の学習指導要領における地層や岩石,化石,地震,火山といった固体地球分野の内容の系統性について分析し明らかにしたものである。小学校においては,流水の侵食・運搬・堆積の作用の理解を基盤とした土地や地層の成り立ちとその構造及びそれらが地震や火山の活動によって変化すること,中学校において火山や地震といった地殻変動の原理に関する学びを経た後の小学校での土地の変化のしくみの振り返りとより詳細な理解,これらの理解に加えて地層の形成環境と形成年代を知る手がかりとなる化石の役割(示相化石及び示準化石)の理解という一連のつながりを柱とした小学校から中学校までの「大地の成り立ちとその変化」の学びの系統性を示した。
Full-Text

https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1396&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information