Departmental Bulletin Paper 彫塑教育における指導の要点と内容の工夫
Important Points and Pedagogical Improvements in Sculpture Education

夏池, 篤  ,  田中, 俊之

Description
美術系大学の初年度彫塑教育として、人体頭部の粘土によるモデリングを実施している。それに先立ちアルギン酸印象材による学生自身の顔の型取りを行い、それをモデルに粘土による模刻を実施している。その後に人物モデルを使った頭部のモデリングを行い、最後に講評会で個々の作品をプレゼンテーションさせている。そのプロセスを紹介しながら要点と効果について考察したもの。
Full-Text

https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1350&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information