紀要論文 ラッシュモデルによるCEFR(Common European Framework of Reference for Languages) 読解Can-do statements の分析:韓国人日本語学習者を対象にした自己評価調査を基に
Analysis of Reading Can-do Statements in CEFR(Common European Framework of Reference for Languages) Using Rasch Model Analysis.

谷, 誠司  ,  宮崎, 佳典  ,  高田, 宏輝

内容記述
 本研究では CEFR-DIALANG の読解尺度にある能力記述文(Can-do statements)を使い、韓国人日本語学習者を対象に5件法の自己評価をしてもらった結果をRasch model で分析をし、その結果の一部を報告する。
本文を読む

https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1294&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報