Departmental Bulletin Paper 常葉大学教育学部新入生における自己意識の変化(2)
Changes in Self-Awareness Among First-Year Students in Tokoha University's Faculty of Education(2)

吉田, 哲也  ,  伊東, 明子

Description
 本研究は常葉大学教育学部1年生を対象に、大学適応に関わる指標として仮想的有能感( 他者軽視) 傾向と自己肯定感という2つの自己意識を取り上げ、4月当初の入学意思や課外活動への参加状況、他者とのコミュニケーション頻度が自己意識にどのように影響を及ぼすかを1年間の縦断的調査から探索的に検討することを目的とした。研究の結果、仮想的有能感には4月当初の入学意思が、自己肯定感には他者とのコミュニケーション頻度が直接的に影響を与える可能性が示唆されたが、継時的分析より各変数の関係性には変化が示唆された。特に他者とのコミュニケーション頻度と2つの自己意識との関連性は、課外活動への活動状況が間接的に影響しつつ調査実施時点ごとに少しずつ変化する可能性が示唆された。
Full-Text

https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=60&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

Number of accesses :  

Other information