紀要論文 言葉による教育の原理および方法に関する研究 : 『入木抄』を中心とした書論の記号学的分析を通じて(1)本研究の問題意識、分析対象や研究方法について
A research about educational principle and technique, which based words : A case study : Analysis of "Jubokushou" and other "Shoron"s (Calligraphy theorys) by the knowledge, experience, philosophy of the semiology(1)About the problem, analysis targets and study methods of this research

古市, 将樹

内容記述
 本論は、『入木抄』およびその他書論にみられる、言葉による教育の原理と方法を、記号学的な手法で抽出しようとするものである。初学者に、まだみぬ未来に向けて、言葉だけによる教育においていかに学びを起動させるか、そのための原理や方法を分析することで、最終的にはひろく教育原理と方法の研究を試みる、その第一弾に相当する。
本文を読む

https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=56&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報