Departmental Bulletin Paper 松永耳庵の茶会記録に見られる「田舎家」に関する記述
Descriptions about the 'Inakaya' (Country Cottage) in the Tea Party Records by MATSUNAGA Jian

土屋, 和男

Description
 近代数寄者による茶室の一種として、「田舎家」と呼ばれるものがある。本稿では近代数寄者の茶会記録として、松永安左エ門(耳庵)のそれを取り上げ、その「田舎家」の描写と意味するところを考察する。松永は自身も「田舎家」の所有者であることから、それを通した美意識の共有が、益田鈍翁をはじめとして原三渓、仰木魯堂、塩原又策らとの茶会から読み取れる。
Full-Text

https://tokoha-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=45&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

Number of accesses :  

Other information