紀要論文 労働力と労働時間
Labour-Power and Working-Day

奥山, 忠信  ,  Tadanobu, OKUYAMA

内容記述
過労死問題やブラック企業問題など、長引く不況と国際競争の激化の中で、わが国の労働条件は悪化している。本稿では、労働力の特殊な性格を踏まえて、労働時間に対する原理的な考察を行った。労働力の回復の条件は、極めて弾力的であり、長時間労働や労働内容の強化の問題は、市場の論理では解決できない問題を多く含んでいる。労働者の闘いや国家による労働者の保護が不可欠な問題と言える。
本文を読む

https://saigaku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=145&item_no=1&attribute_id=73&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報