紀要論文 保幼小接続期における教育課程の検討 : 次期学習指導要領の「育成すべき資質・能力」をふまえて

鳥越, ゆい子

内容記述
保幼小接続を意識することによる幼稚園の「学校化」が懸念される一方で,次期学習指導要領においてこれまでの知識重視の「学校」教育と異なる小学校教育の方向へのシフトが見込まれる.すなわち,「主体性」や「各教科等を横断」といったことばが使用され,これまで幼児教育が大切にしてきた「子ども主体」や「領域」の考え方に近い印象をも受ける.こうした矛盾した状況をふまえ,本稿では今後の保幼小接続期における教育課程のあり方について提言をおこなうことを目的とする.そのために,小1プロブレムに関する研究及び,小学校1年生の学校適応に関する研究,また保幼小接続に関する実践研究を概観することで接続期の問題を整理した.その結果,環境変化から生じる子どもたちの不安を低減させうる力を見極めるとともに,それを「育成すべき資質・能力」として位置づけることが今後の保幼小接続期の教育課程を編成するうえで重要であることを提言として示した.
本文を読む

https://tust.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=275&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報