紀要論文 北海道新幹線開業2年目の現況、函館市民及び来街者の意識調査

大橋, 美幸

49 ( 1 )  , pp.129 - 161 , 2017-10 , 函館大学図書館
ISSN:0286-6137
内容記述
北海道新幹線の開業2年目に、函館市等の街頭、イベントでアンケートを行い、開 業前、開業直後と比較した(回収数3635)。  北海道新幹線の利用経験は函館4割、他の沿線5~8割、札幌15%であり、沿線だ けでなく遠方からも利用されている。目的は道内外ともに観光7割であり、開業直後 から変わっていない。  沿線への開業の影響は、経済・社会全体に「プラス」、観光客数が「増えた」と函館、 新幹線駅地元で7割に評価されており、おおむね肯定的に捉えられている。  道外からの移動は、東北8割、北関東4割が新幹線を利用しており、東北でJR利 用が移行し、北関東で飛行機からの一部乗り換えが起こっている。他方で、南関東以 南の新幹線利用はわずかであり、開業直後よりもむしろ減っている。訪問先は函館の みが8割以上であり、周遊につながっていない。周遊は開業直後よりもむしろ減って おり、開業効果を限定的なものにしている。
本文を読む

https://hakodate-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=304&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報