紀要論文 絵本の読み聞かせについての一考察

曽和, 信一

内容記述
本稿では、最初に、子どもが成長する歓びと喪失する哀しみとの二律背反に生きることの意味について、児童文学を通して言及した。それに次いで、子どもにとっての絵本とその読み聞かせとは何かについて、保育者が絵本を選ぶ目を磨くことの大切さを踏まえて、絵本の選び方について論及した。そして、絵本の読み聞かせについては、丁寧な準備を行ったうえで、その読み聞かせの方法論の意味内容について考察したところである。
本文を読む

https://shijonawate-gakuen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=781&item_no=1&attribute_id=19&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報