Departmental Bulletin Paper 徳を教えることについて―プラトン『メノン』におけるソクラテスとアニュトスの対話
On Teaching Virtue - Dialogue about examples of failure of teaching "arete" between Socrates and Anytus in Plato Meno
トク ヲ オシエル コト ニ ツイテ ―プラトン 『メノン』 ニ オケル ソクラテス ト アニュトス トノ タイワ

松井, 貴英  ,  Matsui, Takahide

22 ( 3 )  , pp.55 - 71 , 2016-02-25 , 九州国際大学教養学会
ISSN:1341-0504
NCID:AN10467251
Description
プラトン『メノン』におけるソクラテスとアニュトスによる、自分たちの息子を徳ある者にすることができなかった徳ある者たちに関する対話の箇所の検討を、この対話篇の主題「徳は教えられうるか」を踏まえつつ、現代の徳倫理学におけるエウダイモニア主義とプラトンにおける徳と倫理に関する問題の所在を踏まえつつ、検討していった論文。知識としての徳と、世俗的な徳の相違を明らかにしつつ、その相違は徳の探求の方法の相違と不可分であり、現代の徳倫理学との比較のためには、この両者の相違を踏まえる必要があるとした。
Full-Text

https://kiu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=554&item_no=1&attribute_id=173&file_no=1

Number of accesses :  

Other information