紀要論文 BCCWJ教科書データにおける複合辞の教科別使用状況 : 国語教育を視野に
Compound Functional Expressions in School Textbook Data from the Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese: Importance for Japanese Language Education

渡辺, 由貴  ,  Yuki, WATANABE

(15)  , pp.195 - 210 , 2018-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
いわゆる学校文法の中で,「複合辞」という概念は積極的に扱われておらず,どの表現を重要な複合辞として扱うべきかという指標も明らかになっていない。そこで,学校教育において重要となる複合辞を検討する土台とすべく,BCCWJの教科書データにおける複合辞の使用状況を調査した。小学校教科書において用例数が多く,かつ国語・算数・理科・社会の4教科いずれにおいても使われている複合辞として,「という・として・について・によって・ものの」「ている・てくる・てみる・のです・のだ」等があり,これらは数量面から重要度の高い複合辞であるといえる。同様に,中学校・高校教科書においては,「という・として・について・によって・による」「である・ている・てくる・てみる・のだ」等を重要な複合辞と認めてよいと考える。また,教科ごとに特徴的な複合辞の使われ方についてもあわせて考察しながら,国語教育において複合辞に着目することの意義を検討する土台とした。
Compound functional expressions have not received much attention in Japanese language school grammar, and there is no indication of the importance of these expressions in Japanese language education. This study presents their use in school textbooks using data from the Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese. In elementary school textbooks, compound functional expressions such as toiu>, tosite, nituite, niyotte, monono, teiru, tekuru, temiru, nodesu, and noda are used frequently and extensively in Japanese language, arithmetic, science, and social studies classes. These expressions are important in terms of quantity. For the same reason, in junior high school and high school textbooks, the important compound functional expressions should include toiu, tosite, nituite, niyotte, niyoru, dearu, teiru, tekuru, temiru, and noda. This study also examines the use of compound functional expressions characteristic for each subject and discusses the significance of focusing on these expressions in Japanese language education.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1619&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報