紀要論文 英語アルファベットによる日本語音声表記
Japanese Phonetic Notation Using the English Alphabet

野田, 尚史  ,  中北, 美千子  ,  Hisashi, NODA  ,  Michiko, NAKAKITA

(15)  , pp.135 - 162 , 2018-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
英語アルファベットによる日本語音声表記というのは,英語の表記方法における文字と音声の関係に従って日本語の音声をアルファベットで表記するものである。たとえば[セート](生徒)は「seh-eh-toh」と表記する。日本語をアルファベットで表記するときは,一般的にはヘボン式ローマ字が使われる。ヘボン式ローマ字は子音は英語の表記に従っているが,母音は英語の表記には従っていない。そのため,ヘボン式ローマ字の発音のしかたを学習しなければ,ヘボン式ローマ字で書かれた日本語を適切に発音するのが難しい。そこで,子音も母音も英語の表記に従った日本語音声表記を提案することにした。英語アルファベットによる日本語音声表記を提案するために,2つの調査を行った。1つは書き取り調査である。日本語を知らない英語母語話者に日本語の音声を聞いてもらい,それをアルファベットで書き取ってもらう調査である。もう1つは読み上げ調査である。書き取り調査によって絞られたそれぞれの音声表記の候補を読み上げてもらい,日本語らしく発音される可能性の高い表記を確認する調査である。この音声表記の主な特徴は,(a)から(e)のようなものである。(a)モーラの境界は,「-」で表す。(b)母音[ア,イ,ウ,エ,オ]は,それぞれ「ah, ee, woo, eh, oh」で表す。(c)長音[ー]は,前のモーラの母音に応じて「ah, ee, woo, eh, oh」のどれかで表す。(d)促音[ッ]は,2 つの子音の間に「-」を入れて「kot-chee」(こっち)のように表す。(e)撥音[ン]は,前後に「-」を入れて「hah-m-boo-n」(半分)のように表す。
Japanese phonetic notation using the English alphabet requires notating Japanese phonetics with letters by following the relationship between letters and sounds used in English notation methods. For example, the word seito (students) is notated as "seh-eh-toh".Hepburn Romanization is generally used when notating Japanese into letters. While Hepburn consonants follow the English notation method, the vowels do not, so it is difficult to know how to pronounce romanized Japanese words without knowledge of the Hepburn system. For this reason, we propose a Japanese phonetic notation system that allows both vowels and consonants to be read correctly by native English speakers.For this purpose, two research studies were conducted. The first was a dictation study in which native English speakers who did not know Japanese listened to spoken Japanese and wrote down the words using the English alphabet. The second was an oral reading study in which the participants read out each candidate for the phonetic notation method that had been narrowed down through the dictation study, identifying the notation that was most likely to be read the way it sounds in Japanese.The main characteristics of this phonetic notation are detailed from (a) to (e).(a) The mora boundaries are notated with "-".(b) Vowels [a, i, u, e, o] are notated as "ah, ee, woo, eh, oh" respectively.(c) Long vowels are notated with one of the following in accordance with the preceding mora vowels: "ah, ee, woo, eh, oh".(d) With moraic obstruents, a "-" will be inserted between two consonants, such as in "kot-chee" (kotchi, here).(e) With moraic nasals, a "-" will be inserted before and after the words: for example, "hah-m-boo-n" (hambun, half).
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1616&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報